面白いことが大前提

ソーシャルゲームが人気を呼び、新しいゲーム市場が完成したものの同時に問題を呼び起こしているのがレアキャラが入手できるガチャシステムについてだ。確率通りに排出されず、何十万という課金で得られなかった問題が出るなど、スマホゲーム市場の闇が暴かれていく。このサイトではそんなスマホゲームでよくあるガチャ問題を独自視点で考察していきます。

面白くない作品に課金をする人などいない

提供されたゲームがつまらない、そう感じるものほど課金する意味がない。それだけは断言できるでしょう、する人もいるかもしれませんが、意味はありません。むしろどれだけ酷いのかと晒すようにやっている人もいたりするなど、ユーザーは見ているところはきちんと見ているのだ。そういう意味ではグラブルに70万円という金額を費やした人を例にすれば分かりやすい。この人にとってそれだけグラブルが面白く、楽しいからこそ課金するんだと考えれば納得できるのではないか。面白い作品だからドンドン応援したい、ファンなら当然思える展開だ。

そういう意味ではレッツ&ゴーのスマホゲームについては残念を通り越して、よく原作者がこんな作品でリリースすることを許可したなと思っている人も少なく無いでしょう。ただ公の場でもアプリに関して明言することもなければ、人気がないことを白日の下にさらけ出したくないとする心情もあるようだ。実際、昨年の東京ゲームショウにおいて当作品のブースを覗いてみたが、閑古鳥が鳴いている始末だった。痛々しくて見なかったことにした筆者もあれだが。

ガチャの課金問題もそうだが、やはり肝心のゲームが面白いと思えるものではなくては意味がありません。お金を使うだけの意味がある、そういう作品になら本音を言えばいくらでも投資なくてはと、そう思っている人もいる。筆者も時と場合で使い分けて入はいるが、ゲームの魅力とはそうした側面があるからこそいくつになってもやめられないのです。

確率操作という件に関しても

面白くないゲームに課金するほど懐に余裕がある人はいないでしょう、いたとしたらよほど稼いでいる人なのかもしれないが、物好き過ぎる。またガチャに関して言えば確率操作されているだろう、という話題もよく取り上げられる。この点についてはすでに述べたが、そうした仕組みを取り込んでいるだろうというのは誰しも思っていたはずだ。そのことを取り上げているインターネット記事を見かけた時、個人的には別段驚きはしなかった。実際に自分でスマホゲームをやり始めてそのことにすぐ気付けたからだ。

だからこそゲーム内課金をするにしても、開催されるイベント限定ガチャによっては投資をする人もいればそうでない人もいる。やめておけばいいのに、そういった声も聞こえるものについても深く追求していけば一重にゲームが面白いから止められない、そんなユーザーの心情が込められている。ファンになったらいくらでも投資してあのアイテムが欲しいと思うと、例え出づらくても確率操作されても課金して出すんだと熱心になるのです。

ゲームが面白いから良いんだと作品の評価が高いものほど、市場において圧倒的な地位を築く事が出来る。これはどんな分野においても当たり前の原則事項だ。

宣伝ができる一方で

情報社会となった現代では誰もが簡単にスマホから情報発信することが出来る。スマホゲームを作ったから宣伝する、これで自分たちも一躍有名企業に名乗り出られるとして参入している企業もあるでしょう。それこそ今までゲーム開発などしたこともない、聞いたこともないところもあるくらいだ。簡単に作れてかつ多額の利益が上げられるとして発表されている数は、それこそ星の数ほどだ。

例えばGoogle Playストアを覗いてみる、『ロールプレイングゲーム』と検索してみると該当するスマホゲームが山程出てきます。有名タイトルもいくつか見られる中で、日本ではない海外の企業が作った作品もあるほどだ。無限とも言える数の作品から面白いものは何かと探すとなったら、その労力も馬鹿にできません。なら以前から面白いと評判の高い作品をした方がいいと、そう思うのは当然の心理だ。むしろ金儲けする意図がミエミエの作品すらあるため、そういう作品ほど短期で配信終了という悲惨な結末に見舞われます。開発するに至って費用は少なからずかかるが、最悪利益すら出ない赤字で終了するケースも見られる事を考えると、業界のシビアさは健在だと安心できる。

意図していない作品ほど人気が出たりするもの

逆に売り出す気などさらさらなかった作品が全国的に、老若男女問わずして人気沸騰となるケースもある。代表的なのは『ねこあつめ』だ。元々他の作品を作っている片手間で開発したが、リリースしたらその何でもないゲーム性に萌えると話題を集め、多くの人が熱中した。ゲームだけでなく、その後はグッズ展開にまで至ってまさにメガヒットを記録したことを思うと、何が人気を呼ぶかなど正直見えないものです。

ただそういう作品だからこそ課金してでもやりたいと、そう思う心に至るのだ。